ウェブサンプルのまとめ用

DT-57-0A

dt57.jpgdt57-2.gif

■仕様諸元

艇型式番号 E2B
全長(登録長) 17.34m(13.50m)
全幅(登録幅) 4.30m(3.40m)
全深(登録深) 1.73m(0.93m)
計画総トン数 4.9トン
艇体重量 5.16トン
軽荷排水量 9.14トン
最大排水量 12.80トン
最大積載量 7.64トン
搭載機関 底曳機関 48kW
最大保障馬力 48kW(72ps)
とも廻り キール式
FOT容量 400L
最大プロペラ径 1000mm
最大プロペラ軸径 55mm
最大定員 対応なし
主用途 瀬戸内海底曳網漁
  • 改良のため予告なく変更されることがあります。
  • 写真の中には任意装備品・オプション装備品を含む場合があります。
  • 記載の計画総トン数は計画値です。船舶登録の際の数値と異なる場合があります。

<セールスポイント>

  • 艇体の大幅なスケールアップ
    • 新トン適用により、5トン未満の底曳船最大の船体
    • 全長で2.39m、全幅で0.23mのスケールアップ(DT-50C比)
    • 後デッキの面積20%拡張(DT-50C比)、7.64トンの積載量確保
    • ハッチ開口面積10%アップ(DT-50C比)
  • スピードアップと安定性の両立
    • 船底にラウンド形状の採用(造波抵抗低減、凌波性向上)
    • ハードチャインの採用による安定性向上
    • 水線長の長い船体によるスピード性能の向上
    • 本キール採用による操業時の優れた直進安定性の確保
  • 補機搭載スペース
    • エンジンルーム前に補機搭載スペース確保、主機の負担低減可能
  • 機能重視のブリッジ
    • 全周視界確保し、大型窓の採用により安全性の確保
    • オプションで「リアエントランスタイプ」、「ロングエントランスタイプ」の設定
  • 衛生管理への配慮
    • 補機搭載スペースの確保で冷水装置などの設置可能
    • デッキ排水性向上によるクリーンなデッキ保持

<販売上の留意点>

  1. 航行区域: 限定沿海、瀬戸内海全域(底曳48kW市場)
  2. 予備検査:
  3. 生産工場: ワイエム志度(株)
  4. 出荷条件: 回航または曳航
  5. エンジンベット: FRP製 ※ヤンマー3S15B用がSTD(異なる機種は特艤依頼要)
  6. イケス関係: STD E/R後の第1、第2、第3イケスの両舷側(イケダ式A-21、3.5インチ 7ケ×6間)  
    • OP E/R前の二列4間(イケダ式A-21、3.5インチ 5ケ×4間)
    • E/R前(OP)をイケスとする時は、満載排水量を超えることがありますので、両区画同時に使用する時は十分に注意してください
  7. FOT容量: 400L
  8. ホイル前: 500mm(ヤンマー3S15B搭載時)
  9. 操舵装置: 現地手配  ※但し、操舵機取付用の台座(マロール MRB80用)はSTD取付
  10. 電動装備品: STD 旋回窓(径300、24V) 1式取付 <配線工事は現地>
  11. その他: *排気管は上出し排気管(乾式排気)をSTD <湿式排気は別途設計検討要>

  ※OPブリッジアーチマストへの重量物取付(30kgまで)は補強必要 <特艤指示要>

レジャー漁船シリーズ

レジャー釣師シリーズ

汎用漁船シリーズ

業務漁船シリーズ

ブログ 検索

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31