ウェブサンプルのまとめ用

DY-45G-3D

dy45g-3d.jpgdy45g3d-2.gif■仕様諸元

艇型式番号 GTL
全長(登録長) 13.90m(12.10m)
全幅(登録幅) 3.20m(2.69m)
全深(登録深)

1.52m(0.82m)

計画総トン数 5.0トン(新)
推奨搭載機関
最大保障馬力 430kW(585ps)
とも廻り ブラケット式
定員 12名
主用途 一本釣、刺網、延縄、小型乗合・通船
FOT容量 460L×2
最大プロペラ径 800mm
最大プロペラ軸径 70mm
艇体重量 4.10トン
軽荷排水量 6.4トン
最大排水量 9.8トン
最大積載量 5.7トン

  • 本仕様は'05年10月現在のもので改良のため予告なく変更されることがあります。
  • 写真の中には任意装備品・オプション装備品を含む場合があります。
  • 記載の計画総トン数は計画値です。船舶登録の際の数値と異なる場合があります。

<セールスポイント>

  • 高速走行性向上のための「船体軽量化」と「走行抵抗の低減」
    • 長年の経験による強度設計法にコンピュータ解析(FEM解析)を加味
    • シャーラインのストレート化と客室付オモテブリッジの斬新なスタイリング
  • 高速走行時の抵抗減少と静止時の横安定性の両立
    • 船底ハルに船首部から船尾部までラインに伸びるダブルチャイン採用
  • ソフトな乗り心地
    • シャープなステム形状や船底のラウンドキールが波との衝撃抵抗や波タタキを低減
  • ワイドなデッキは全面段差のないフラッシュデッキを採用、イケス機能も充実
    • 平坦デッキで同乗者の安全の確保と、前甲板に2間、後甲板に1間、充分な深さのイケス装備
    • ブリッジ両サイド通路の幅を580mm確保、サイドデッキで釣りのできる広さです
  • ブリッジは操船室と客室を完全に分離した個室設定
    • 高い位置の操船室より全方位の釣座が確認できる
    • 2つの旋回窓を標準装備し、航海計器類の取付スペースも広く、優れた視界と快適な操船環境
  • 装備充実の客室と個室トイレルームの確保
    • 客室内にシートや両引き窓設置、客室機能の他に、荷物・備品の収納機能も備える
    • 客室入口右舷に個室トイレルーム確保(マリントイレ、配管、工事などはOP)
  • エンジンメンテナンス性向上
    • ブリッジ左舷にエンジンルーム入口引戸を設け、日常点検整備の利便性確保

<販売上の留意点>

  1. 航行区域: 限定沿海
  2. 予備検査: 全数受検
  3. 生産工場: ヤマキ船舶化工(株)
  4. 出荷条件: 回航または曳航
  5. エンジンベッド: FRP製
  6. イケス関係:
    • STD E/R前一列2間(E/R後左舷1間(同2ケ×1間)
  7. FOT容量: 460L×2     ※FOメーターはOP
  8. ホイル前: (参考、MD1053KHαストレートギア搭載時 1164mm)
  9. 操舵装置: 機動油圧操舵装置(マロールMSSA-55V)は標準装備 ※工場ではシリンダーのみ取付
  10. 電動装備品:
    • 旋回窓(24V、径300mm)2式取付
    • 電動ベンチレータ(24V、S-50W)は取付標準
  11. その他: 個室トイレルームはドアはSTD、マリントイレ本体、トイレ用ベンチレータ・ライト・配管はOP

<テストデーター>

MD980KUH(405kW/550ps)搭載時参考

常 備重 荷
排水量(トン) 8.70 9.80
主機回転数(rpm) 2,338 2,336
スピード(kt) 33.2 32.5

※ 機関減速比 2.48(C減速)
  ペラサイズ  800×1,250×0.55
  ナカシマ UP35使用

※参考、各種条件により、数値は大きく変動します。
※船底塗装なしの条件数値です。

 

レジャー漁船シリーズ

レジャー釣師シリーズ

汎用漁船シリーズ

業務漁船シリーズ

ブログ 検索

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31